CLIP STUDIOで注文してみよう!


レトロ印刷JAMをご利用の方、
もしくはこれからご利用をお考えの方の中には、
普段CLIP STUDIOで作業されている方も多いかと思います。

イラストや漫画を制作する際にはとても便利ですよね。


JAMの入稿データはモノクロ原寸であれば画像ファイルでも印刷可能なので
もちろん、CLIP STUDIOで作成したデータもご入稿可能です!

しかしJAMのホームページには
現在CLIP STUDIO用のマニュアルはございません。
これではどうやってデータ作成&入稿をすれば良いのやら...


そこで今回は
CLIP STUDIO」入稿について解説していきます!
今回はポストカードサイズのイラストを作成しながら解説します。
※PC版「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使用しています。










まずはじめに新規ファイルを作成・設定をしていきます。




(1)作品の用途
 「イラスト」用を選択してください。



(2)データサイズ
 仕上がりサイズに塗り足し(上下左右に+3mm)
 付けてくださいね。

 ※塗り足しについてはこちらをご参照ください
 (https://jam-p.com/insatsu/genko/photoshop.php)

 今回はポストカード(148×100mm)を作成したいので
 「152×106mm」にしています。
  このとき単位が「mm」になっているかを確認してください!



(3)解像度
 今回は600dpiを選択しています。
 300~350dpiのデータでも印刷可能です。
 (これ以上解像度が高くてもレトロ印刷では表現できません)
 上記いずれかの解像度であれば、
 グレースケール/モノクロ2諧調どちらの
 カラーモードでも基本的に問題ございません。
 


(4)カラーモード(基本表現色)
 基本表現色は「グレースケール」/「モノクロ2階調」
 どちらかを選択してください。
 今回はグレースケールで制作します。



さあこれで新規ファイルの設定は完了です。
どんどん描いていきましょう!







イラストが完成しました!


それでは入稿用にデータを書き出しましょう!
今回はpsdデータで入稿してみます。




(1)拡張子
 拡張子は以下のいずれかなら対応可能です。
 [ JPEG / PSD / TIF /  PDF / PNG ]

 今回は「.psd」でデータを書き出します。




(2)カラーモード(基本表現色)
 書き出し時の基本表現色は、
 ファイル作成時と同じものを選択してください。
 今回は新規ファイル作成時に「グレースケール」を選択したので、
 データの書き出しも「グレースケール」を選択します。

 
(3)出力サイズ
 基本的には「元データからの拡縮率=100%」
 であれば問題ございません。


(4)拡大縮小地の処理
 「イラスト向き」を選び、
 「ラスタライズ」「品質優先」をご選択ください。


(5)インク指示
 データ名に必ずインク名を入れてください。
 JAMのインク名はコチラのURLを参考にしてください。

 今回はにびいろのインクで印刷したいので
 データ名は「nyuukou_nibi」と付けました。


さあ、あとは
レトロ印刷JAMのホームページから入稿するだけです!



※※注意※※
【1】
入稿データを書き出すときは、
不要なレイヤーが残っていないか確認してくださいね。 

【2】
加工指示等をCLIP STUDIOのガイドで作成した場合、
JAMの環境では確認できませんのでご注意ください。
(見本画像内に実線・文字等での指示を書き込んでいただければOKです)
入稿時もしご心配であれば、
ご注文フォーム備考欄に「CLIP STUDIO作成データ」とご記入ください。


刷り上がったものがこちらになります。




紙に印刷すると、
味わいが出たような気がします。


せっかくなので2色刷りにも挑戦してみました!
2色目はスカイで刷ります。
原稿をインク別に用意して…























印刷するとこんな感じです!






いかがでしたでしょうか。
参考になれば幸いです!
皆様のご入稿お待ちしております!


基本的な原稿作成についてはこちらも参考にしてください。
(https://jam-p.com/insatsu/genko/basics.php)




































新しい用紙『コニーラップ』が登場!

レトロ印刷に新しい用紙『コニーラップ』が限定紙 として仲間入りしました
🙌
混色するレトロ印刷のインクが紙とも混色して仕上がりが想像できない
⁉️
用紙カラーラインは全6種類。
紙とインクのいろんな組み合わせで遊んでみよう!

※厚さ:75.5 g/㎡ ツヤプリ不可
 【対応サイズ】A3 A4 A5 A6 J1 J3 J3たてなが J5 J7 J8

※限定紙のため、カラーチャート(紙とインクの見本帖)への追加やサンプル募集(配布)は行っておりません。
 そのためインク発色につきましては事前に試し印刷いろいろチャートのご利用をおすすめしております。

ですがやっぱり気になりますよね!
なので全インクを印刷した見本を画像でUPいたします!

スキャン画像のため、実際の色味とは若干異なります。
また、モニターによっても差がでるかと思いますので、
参考程度にご覧くださいね~










枠のデザインにご注意!

四辺を囲む「枠」のデザインをJAMに入稿した時、
「ズレて片寄ったような仕上がりになります!」と連絡がきた方、
けっこういらっしゃるのではないでしょうか。


レトロ印刷の特徴に「ズレ」があります。
和紙のような薄く柔らかい版を使用しているため、
垂直・平行が正確ではなく、
また、刷っているうちに版自体が伸びてしまい
予測できないランダムな「ズレ」が生じてしまうんです。
























詳しくはこちらのエントリーをどうぞ

さらに、ズレのあるトンボを目視で確認しながら切るため、
JAMでは断裁もすべて手作業です。
なので、トンボの位置で正確に切ることが、とても困難なんです・・・
(もちろん重々注意して作業していますよ!)

枠があったり、四辺に均等な余白のあるデザインだと、
ちょっとの「ズレ」でもとっても目立ちます。

こちらは3mmの余白のある枠デザイン。
JAMの印刷は2~3mmずれることもあるので、
最悪枠自体が切れてなくなってしまうことも・・・

ストライプ市松模様など、
均一な柄もズレがわかりやすいかも。















それでも枠のデザインにしたい!というときは、
四辺の余白を多めにとると、比較的ズレが目立ちません。



四辺の余白を3mmから5mmにしてみました。













ぺら紙印刷でも同様に、枠のデザインはズレがわかりやすくなります。















フチあり規格はデフォルトで5mm幅の余白が四辺につきますので、
印字面全面にベタなどを敷くデザインは、白い枠デザインのようになります。
この枠も、完璧に均一な幅にはなりません。













この場合も、余白をちょっと太めにデザインするといいですね。



緻密なデザインが苦手なレトロ印刷ですが、
ちょっとの工夫でズレも目立ちにくくなるので、
参考にしてみてくださいね。

【2019更新!】見えない白インクpart2

2017年に「見えない白インク」というエントリーをUPしたことを
皆さん覚えておられるでしょうか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【見えない⁉白インク】

けれどその時から新しい用紙が増え、廃番になった用紙もあり、
平成も終わろうとしている今、最新の白インク事情を公開しよう!と
2019年1月にtwitterで「白インクの効果的な使い方」という特集をしました!


モーメントにまとめておりますので
上記リンクからどうぞ~

いや~しかしほんとに見えないですね








刷ってる……?



灰色の紙、ねずみ・しらす裏面・
にごり紙銀鼠。

グレーの紙なら白インク、見えるんじゃない?って思う方、
多いと思うんですが、
実はとっても見づらいんです……
名刺などに文字情報で使うのは
おすすめしておりません!



茶色い紙も……見えなくはないですがとっても薄め!


黒い紙なら見えますね~(ほっ(*_*;











そんなインビジブルな白インクですが、
きっと輝く瞬間があるはず……!
たとえば













あえての白い紙に白インク
背景の模様なら、角度によっては見えてくる!



ノートや天のりメモの罫線として!
目立たないけどいい仕事します!


文字色を邪魔しないので、背景の模様にさりげなく使ったり……

そのままでは見えにくいですが、ツヤプリすると盛り上がるので
白い紙でも存在感が出ます。

ツヤプリすると色味が沈むので、紙色の影響を受けやすく、
ちょっとグレーっぽい発色になります。

また、あえて混色させてみたり







刷る順番を工夫すれば、上に乗るインクを弾いて
おもしろい効果が現れたり
一番上に刷れば
下のインクがうっすら透けて
不思議な感じの仕上がりに。











いかがでしょうか?ちょっとくせのある「白インク」ですが、
特徴を生かしたデザインで、効果的に使ってみてくださいね~

端ブレって何?

枠のあるデザインを「ペラ紙・フチあり」で入稿した時、
「端の部分が滲んだようになってしまいます」とJAMから連絡が来たことがある方、
けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか?

「紙の端にあるデザインや文字が、ブレて滲んだような仕上がりになります」
JAMではこれを「端ブレ」と呼んでいます。

JAMのフチあり印刷は、A3もしくはB4の用紙にいくつか並べて印刷します。

「針あとって何?」の項目でも触れましたが、

インクは粘度があるので、紙をインクドラムから剥がす際、
紙の端に刷られた部分が排紙の衝撃でブレて、
にじんだようになってしまうんです。







排紙口の方に起こりやすいのですが、
反対側の端にも起こってしまうことも。
濃度の高い部分や、より紙の端(角の付近)に近いと起こりやすくなります。

たとえばA4フチあり仕上がりだと、A3に二つ並べて印刷するので、
枠のデザインの角がこのように滲んでいます。






















わかりやすいように太い枠を印刷しましたが、
紙の端にあるデザインやオブジェクトは、枠に限らず
滲んだり、ぶれたようになってしまうんです。

線画の総柄や、デザインの下部に配置することの多い
住所やロゴなどの文字情報でも
にじんでしまうことがあります。



ではどうすれば避けられるの?というところですが、
レトロ印刷の性質上、完全回避は難しいです。

でも、濃度を下げたり余白を多くとることで軽減はできます!!
写真は100%の枠と、80%に下げたものの比較です。





















う~ん、若干ましにはなりましたが、
やっぱり紙端に近い部分はにじんでいますね。



















フチの余白を5mmではなく10mmとったもの。
だいぶマシになりました!



紙の端に配置するオブジェクトはなるべく濃度を下げる、
なるべく余白を多くとる、というダブル処置が安心かもしれません。
フチあり規格ではなく、トンボ断裁で作成するというのも一つの手ですね。